不妊症になる原因とは…意外なところに原因があるかも?

MENU

不妊症になる原因とは…意外なところに原因があるかも?

避妊もしていないのになかなか妊娠できないと、不妊症ではないかと不安になってきますよね。
単純にタイミングが悪くて妊娠できないということもありますが、不安を抱えながら妊活するくらいならはっきりと原因が分かったほうがいいものです。
では、不妊症にはどんな原因があるんでしょうか。代表的なものをご紹介します。

 

不妊症の原因

排卵の問題

排卵に問題がある場合です。
高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣症候群、卵巣機能が低下し排卵できない早発卵巣不全といったものもありますが、大きなストレスや極端なダイエットによって月経不順になり不妊症になる場合もあります。

卵管の問題

例えば性器クラミジア感染症によって卵管が閉塞したり癒着すると卵管に卵子が取り込まれにくくなり、不妊症になります。女性では自覚症状がないことも多いため自分では気づかないこともあります。
他、虫垂炎などで骨盤内に手術の経験がある人や子宮内膜症の人に卵管周囲の癒着があることがあります。

着床の問題

受精できても着床できないことがあります。
もともと人間の着床率は他の動物より低めですが、黄体機能不全で十分な子宮内膜が形成されず着床しにくくなったり、子宮内膜の癒着や子宮筋腫による着床生涯などが原因になることもあります。

男性の問題

射精がうまくいかない場合と、精子に問題がある場合があります。
射精がうまくいかない機能性障害では、精神的な問題で性行為がうまくいかない勃起障害と、性行為できても射精ができない障害があります。
精子に問題がある場合では、精子の運動率が悪い、精子の数が少ない、奇形率が多いなどで受精できなかったり、精子が全くない無精子症などがあります。

明確な原因がない

検査してもはっきりとした原因が分からないパターンもあります。とはいえ原因が全く無いわけではありません。
何らかの理由で精子と卵子が受精できない場合や、加齢などによって妊娠するための力が低下している場合が当てはまります。
妊娠力の低下は年齢に関わらず生活習慣の乱れや体の冷え、飲酒、喫煙、過労、ストレス、肥満といったものが原因となり、誰にでも起こりうることなので注意が必要です。
また、年齢が高くなって精子や卵子の妊孕性が無くなってしまうと、治療することはできません。そうなる前の早めの治療が必要です。

 

夫婦のどちらかに、あるいは両方にこういった問題があることで、妊娠できなくなります。生活改善によって解消できることもありますが、まずは早めに病院で相談したほうがいいでしょう。

 

不妊治療

不妊治療は体外受精などの高度なものばかりでなく、不妊症の原因を治療して妊娠の可能性が高くなるようにすることも含まれます。
特に大きな問題がなければ妊娠しやすくするためにタイミングを指導してもらうタイミング法を行い、それで難しければ子宮に採取した精子を送り込む人工授精などもあります。
もちろん、それでも妊娠できなければ体外受精や顕微授精といった高度な治療も選択肢に入ってきますが、高度になるほど体への負担も大きく治療費も高額ですから、夫婦できちんと話し合って選択してください。

 

 

不妊症を改善するための体作りには、サプリの利用もおすすめです。
こちらで妊活向けサプリをご紹介しています。
【妊娠しやすいサプリの選び方とは?ランキングもご紹介!】