一番妊娠しやすい日とは?授かりやすい時期を教えて!

MENU

一番妊娠しやすい日とは?授かりやすい時期を教えて!

妊娠を考えると、やはり一番妊娠しやすい日はいつなのか気になりますね。いくら子作りしても、卵子と精子が出会わない限り赤ちゃんは授かりませんから重要なことです。
一番妊娠しやすい日とはいつなんでしょうか。

 

まず、一番妊娠しやすい日を考えるには生理の仕組みを理解する必要があります。
月経では妊娠しなかった場合に子宮内膜がはがれて出血として出てきます。生理が起きるということはその前に排卵が行われたということで、生理があった後はまた排卵のために準備が行われることになります。
生理の周期は25〜38日周期と人によって違いますが、生理周期が安定している場合、排卵日から次の生理が始まるまでは約14日間となっています。つまり自分の生理周期から14日を引いた日数が、生理開始日から次の排卵日までの日数です。
また、基礎体温が低体温から高体温に移行する時期、一時的に体温が下がる日が排卵日です。
妊活では、基礎体温をはかったり生理周期をしっかりと把握しておきましょう。

 

ところが、ストレスやちょっとしたことで生理周期は変化し、排卵日がずれることがあります。
また、基礎体温については体温の低下が見られない人もいますし、排卵のタイミングは体温低下の日と決まっているわけでもないので、あくまで目安でしかありません。
そのため生理周期や基礎体温が安定していてしっかり記録していても、「この日が排卵日」と断言はできないんです。
おまけに排卵された卵子は24時間程度しか生きられず、受精できる時間はさらに短いというので、妊娠できるタイミングは月に一回の本当に限られた時間です。そう考えると妊娠するのはかなり難しい気がしますよね。

 

ただ、一番妊娠しやすい日は排卵日当日ではありません。
実は排卵日前から精子が子宮にいるほうが妊娠しやすいと言われていて、排卵日二日前くらいに性交渉するのが一番妊娠の確率が高いのです。
精子は子宮の中で2〜3日は生きられます。
「このくらいが排卵日かも…」という日のちょっと前を目安に性交渉を行えば赤ちゃんを授かる確率を上げることができます。
もちろん単純に考えて性交渉の回数が多いほうが妊娠できる確率は上がりますし、性交渉は夫婦のコミュニケーションの一つですから、良い妊活のために回数を増やすのもいいでしょう。

 

一番妊娠しやすい日がうまく把握できない場合は…

もし生理周期が乱れている場合は、排卵日もうまく把握できませんし妊娠が難しくなってしまいます。
そういう人は生活改善で体の状態を整えるとリズムが整ってずれがなくなり、一番妊娠しやすい日も把握しやすくより妊娠しやすくなります。
妊娠を考えているなら、食事の栄養バランスの見直し、運動不足やストレスの解消、不規則な生活の改善などを行いましょう。妊活中はお酒やたばこも控えるに越したことはありません。
特に大きなストレスはホルモンバランスを崩し、排卵に大きな悪影響があります。

 

うまくタイミングがつかめない場合は、産婦人科でタイミング指導をしてもらうことや排卵検査薬を使うという方法もあります。
また、一番妊娠しやすい日を意識しすぎることもストレスになる可能性があるので、夫婦協力して精神的にもゆとりある妊活をしましょう。

 

 

 

体の状態を整えて良いリズムにするには、食べ物がとても重要です。
こちらのページも参考にしてください。
【妊娠しやすい食べ物はありますか?食事で妊娠に近づくには】