妊娠超初期症状とは?妊娠するとどんな兆候が出てくるの?

MENU

妊娠超初期症状とは?妊娠するとどんな兆候が出てくるの?

妊娠超初期というのは、大体0週から4週あたりを言います。
いつもと同じ周期で生理が来ないと妊娠の疑いがありますし、妊娠検査薬は生理が始まる予定日の一週間後以降に使わないと正確な結果が出ませんが、それより前から兆候がある人には症状が出ることもあります。
妊活中で妊娠を希望している女性だと、ちょっとの体調変化も「妊娠超初期症状かも?」なんて思ってしまうものですが、結局いつも通り生理が来て「妊娠しなかった…」とガッカリするのも精神的に辛いものです。
実際の妊娠超初期症状とは、いったいどんな症状があるのでしょうか。

 

妊娠超初期症状

吐き気

いわゆる“つわり”です。症状の出かたには個人差があり妊娠中一度も経験しないという人もいますが、多くの人が感じる症状です。妊娠超初期でも吐き気や気持ち悪さを感じたらそうかもしれません。

体の痛み

子宮のあたりの下腹部が痛い、胸が張って痛い、腰が痛い、頭痛がする、胃が痛いなど…妊娠超初期症状として、様々な個所の痛みがあります。
生理前の症状と似ているものもあるので、妊娠超初期症状と見分けるのは難しいかもしれません。

体のだるさ、眠気

生理前と似ていますが、体の倦怠感や強い眠気を感じる症状があります。

精神的に不安定になる

女性ホルモンの変化により情緒不安定になる症状が出ます。

着床出血

受精卵が子宮内膜に張り付くときに起きる出血です。起こるかどうかは個人差があります。

味覚や嗅覚の変化

今まで食べていたものが駄目になったり、匂いが駄目になるといった変化があります。

肌荒れ

ホルモンバランスの変化により肌荒れが起こることがあります。

便秘や下痢

ホルモンの影響で腸の動きが鈍くなり便秘になる人が多いようですが、その逆に下痢になることもあります。

息切れ

急に息切れする症状が出ることがあります。

おりものの変化

おりものの量が増えるなどの変化が出ます。

基礎体温が上がる

黄体ホルモンの増加により基礎体温が高い状態が続きます。
基礎体温を記録していて、普段なら高温期が終わるのにまだ続いている場合は、妊娠の可能性があります。

 

生理前の症状と似ているものも多いのですが、実際に症状がった人は普段の生理前の症状とは違ったと感じた人も多いようです。
その違いが分かるように、普段の生理前の症状を覚えておくのが良さそうです。
なお、これら妊娠超初期症状と言われるものの出かたには個人差があり、こういった変化が全くなくても妊娠していたという人もいます。
症状を気にしすぎるのも良くありませんから、「あくまで参考」程度に考えておきましょう。

 

 

「妊娠超初期症状?」と思ったけど妊娠していなかった場合、次は妊娠しやすい時期を把握してチャレンジしてみましょう。
こちらのページで解説しています。
【一番妊娠しやすい日とは?授かりやすい時期を教えて!】